Categories
all

研究では、同院の加藤正二郎医師が開発したEELS-TALC技術により、変形性関節症に罹患(りかん)した軟骨細胞を培養。老化関連のβ-ガラクトシダーゼなどの低下から、老化の逆転を確認した。別の研究では多能性マーカーの発現やテロメア長の増加などが確認されている。